re:entertainment - Post

Posts monthly 201311

テイ・トウワ(TOWA TEI)
posted by reent on November 17, 2013
テイ・トウワ先生というと、やはりFREEが印象的。
FREE
※http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%AF

YouTubeでとっても刺激的なPlayを見つけたので、ここに。





続き...
Amazon AWS re:Invent 2013
posted by reent on November 16, 2013
AWS Elastic Beanstalkにローリングアップデート機能が登場
> 一定規模以上のWebアプリケーションでは、複数のサーバをクラスタ化して処理を行うことが一般に行われています。このサーバ上のアプリケーションをアップデートする際に、クラスタを停止させず、一部のサーバから順にアップデートしていくことでシステムを稼働しつづけながらアップデートを行うことを、一般にローリングアップデートと呼びます。
> Amazonクラウドはこのローリングアップデート機能を、AWS Elastic Beanstalkに追加したと発表しました。
AWS Elastic Beanstalk
> AWS Elastic Beanstalk は、AWS クラウドのアプリケーションを迅速にデプロイし管理できるより簡単な方法です。お客様は単にそのアプリケーションをアップロードするだけで、Elastic Beanstalk が自動的に容量のプロビジョニング、負荷分散、Auto Scaling、およびアプリケーション状態モニタリングといったデプロイの詳細を処理します。同時に Elastic Beanstalk では、お客様のアプリケーションを稼動している AWS リソースの完全なコントロールを維持でき、いつでも基本的なリソースにアクセスすることができます。

Amazonクラウド、セキュリティを確保するためのAPIロギング「AWS CloudTrail」、デスクトップ仮想化「Amazon WorkSpaces」、モバイル向けストリーミング「Amazon AppStream」を相次いで発表。re:Invent 2013
[速報]Amazonクラウド、データベースを地理分散する「Amazon RDS Cross-Region Read Replicas」「Redshift Snapshot Copy」発表。ディザスタリカバリを容易に。AWS re:Invent 2013
[速報]Amazonクラウド、“野獣のような”ランダムI/O性能を備えた「I2インスタンス」と、最高性能となる「C3インスタンス」発表。AWS re:Invent 2013

続き...
形態素解析(:国際化)
posted by reent on November 12, 2013
英語 (などの欧米言語) の形態素解析ツールでオープンソースのものを探しています。・・・
形態素解析MeCabを試してみた

形態素解析(Wikipedia)
日本語向けの技術はMecabとかある程度蓄積されているので、それ以外の日本語以外への対応がネックでしょうか。
写真・画像素材検索(flickrなど)
posted by reent on November 10, 2013
GDC Next 2013
posted by reent on November 9, 2013
【GDC Next 2013】未来とアプリに焦点を絞ったカンファレンス「GDC Next/ADC」が明日から開幕
> 秋のロサンゼルスにやって参りました。毎年6月にE3が開催される地ですが、GDCの派生イベントとしてGDC NextとADCが明日から開幕します。
> GDC Next/ADC(App Developers Conference)はUBM Tech Mediaが主催するGDCの派生イベントの一つ。昨年までオースティンで開催されていたGDC Onlineの後継という位置付けで、ゲームの未来とアプリ開発に焦点を当てた2つのイベントが同時開催という立て付けです。会場となるのはE3の行われるロサンゼルスのコンベンションセンター。会場を見る限り、メインのGDCと比べると小規模なものになりそうです。
> GDC Nextの目玉は、まだ未発売の革新的なゲームのメイキングセッション「GDC Next 10」。マイクロソフトのXbox One向け『Project Spark』や、日本のアクセスゲームズの『D4』など10タイトルが予定されています。ほか注目セッションとしては、ディズニーによるロケーションベースの物語伝達、マイクロソフトによる次世代Kinectの紹介、スクウェア・エニックスが始めたゲーマーがゲームアイデアを審査するSquare Enix Collectiveの背景説明などがあります。
> ADCはゲームではなくアプリ全般をカバーしたものになり、ゲームと周辺分野を意識したセッションが多数用意されています。EAの創業者、トリップ・ホーキンズ氏によるゲームの教育活用のセッションは注目を集めそうです。DropBoxによるアプリ開発者向けの活用法の紹介、Evernoteのケーススタディ、話題の決済サービスSquareのMartin Pedrick氏など注目のベンチャー企業の登壇もあるようです。

【GDC Next 2013】EA創業者トリップ・ホーキンズが取り組むのは「ゲームの教育化」
【GDC Next 2013】アクセスゲームズが開発するXbox One向け『D4』をSWERY氏が語る・・・新型キネクトとの格闘
【GDC Next 2013】グーグルの位置ゲー『Ingress』が目指すもの、今後は位置ゲープラットフォームの構築も
Google、現実世界を舞台とした地球規模の陣取りゲーム『Ingress』正式版をリリース ― 編集部周辺でも抵抗勢力と覚醒者による戦いが勃発
【GDC Next 2013】ユービーアイが貴重なデータで示す家庭用、PC、ブラウザ別のF2Pのユーザー動向や売上の違い

続き...
Profile
reent (@reentw)
都内在住エンジニア。
ニュース・お役立ち情報を発信中~

ご連絡はこちらまで。
reentgm@gmail.com

Ad
Top | Archive