re:entertainment - Post

Posts monthly 201402

米国株価指数(ダウ、S&P)
posted by reent on February 23, 2014
ダウ平均株価
> これらの銘柄は全てがニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しているわけではなく、シスコシステムズ・インテル・マイクロソフトの3社はNASDAQに上場している。
> ダウ平均株価には、「ダウ工業株30種平均」、「ダウ輸送株20種平均」、「公共株15種平均」の3種類と、これらをあわせた「ダウ総合65種平均」がある。
> ダウ工業株30種平均(Dow Jones Industrial Average - DJIA)
> 最も有名で、日本では「ダウ工業株30種平均(ダウ平均)」、「ニューヨーク・ダウ」、「ニューヨーク平均株価」などと呼ばれる。本名称では1896年に農業、鉱工業、輸送などの12銘柄でスタート。1928年に、30銘柄となった。その後、情報通信業や医療などのサービス業を取り込みながら、現在に至る[1]。
> 「工業株30種平均株価」の構成銘柄は時代に合わせて入れ替えが行われている。算出が始まって以来、現在まで継続して構成銘柄に残っている会社はゼネラル・エレクトリック社のみである。
> 2013年9月20日:ゴールドマン・サックス、ビザ、ナイキが加わり、アルコア、バンク・オブ・アメリカ、ヒューレット・パッカードが外れる。
> 2012年9月21日:ユナイテッド・ヘルスが加わり、クラフトフーズが外れる。
> 2009年6月8日:シスコシステムズ、トラベラーズが加わり、ゼネラル・モーターズ、シティグループが外れる。

S&P 500
> ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数である。機関投資家の運用実績を測定するベンチマークとして利用されている。
Q1 アメリカの証券市場にはどんなところがありますか?
> アメリカの代表的な証券市場は、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダック(Nasdaq)です。それ以外に第三の市場としてアメリカン証券取引所(AMEX)がETFや個別株オプションなどで独自性を発揮してきましたが、2008年にNYSEに吸収合併されました。
>  それ以外に証券市場を使わない証券取引ネットワークECN(電子証券取引ネットワーク)も発達していますが、実際の取引ではその違いを意識することはありません。
アメリカの証券取引所ってナスダックとニューヨーク証
> 代表的な証券取引所はニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダック。
> それぞれイメージとしては東証、大証、東証マザーズや大証ジャスダックでしょうか。
> 実際はナスダックの成功を見た大証がヘラクレス市場を立ち上げ、それに対抗してマザーズが出来たという経緯があります。
> 1970年頃はニューヨークが大手企業、アメリカンが二流企業、ナスダックはそれ以下の企業を扱っていました。
> ナスダックの中からアマゾンやアップル、イーベイやインテル、グーグルやヤフーなどの先進企業がどんどん現れた為ナスダック自体のブランド価値も増加し、今ではアメリカンを抜いてニューヨークと肩を並べるくらいの格になりました。
> 特にハイテク系が集まるイメージがあります。

NYダウとS&P500
> 両者の違いは、算出方法と算出内容の2点が挙げられます。算出方法の違いとして、ダウが「株価平均方株価指数」で、S&P500は「時価総額加重平均方株価指数」といわれる算出方法を採用している点です。ダウが採用する「株価平均方株価指数」は、対象銘柄の株価を合計し、銘柄数で除算(割り算)して求めます。一方のS&P500が採用する「時価総額加重平均方株価指数」は、対象銘柄の時価総額を基準となる時点での時価総額で除算(割り算)して求めます。現在、世界の一般的な株価指数はこちらの「時価総額加重平均方株価指数」で算出されます。
> 次に算出内容の違いですが、ダウは、株式市場全体の動きを半年ほど先取りするといわれ、S&P500は今現在の市場動向を把握するのに適していると言われます。そして、対象銘柄数でいうと、ダウの30銘柄に対して、S&P500はその名が示す通りアメリカの代表的な企業500銘柄から算出しますので、より厳密なデータと言えます。

ナスダック総合指数
> NASDAQには、マイクロソフトやインテルなどのハイテク関連企業、Amazon.comやグーグル、ヤフーなどのインターネット関連企業が数多く上場しており、ハイテクやネット関連業界の動向を窺う上での重要な指標とされる。


振替納税について
posted by reent on February 20, 2014
unity本
posted by reent on February 16, 2014
http://ja.wikipedia.org/wiki/Unity_%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%29
> 2013年3月にリリースされたUnity 4.1が最新バージョンである。現在iOS、Android、Windows、OS X、Linux、ウェブブラウザ、Flash、PlayStation 3、Xbox 360、Wii U向けの開発に対応している[3]。




androidアプリ・ゲーム開発エンジニア向け本
posted by reent on February 16, 2014
シャドーバンキング
posted by reent on February 15, 2014
いよいよ始まったシャドーバンキング(影の銀行)のデフォルト 日本で言えば1990年、アメリカで言えば2007年に相当

シャドーバンキング
> シャドーバンキングは、「影の銀行」とも呼ばれ、通常の銀行ではなく、投資銀行(証券会社)やヘッジファンド、証券化のための特殊な運用会社などの金融業態の総称をいう。また、シャドーバンキングを活用した仕組みを「シャドーバンキングシステム」といい、本用語は、PIMCOのマネージング・ディレクターだったポール・マカリー氏の造語で、最初に彼がジャクソンホールでの講演で使用し、後に彼のレポートである「Global Central Bank Focus」の中でも紹介され、2007年頃から広まるようになった。
> 一般にシャドーバンキングは、免許制などで金融当局から厳しく監督される通常の銀行と比べて規制が緩く、金融当局も実態をよく把握しきれていない。また、その仕組みとして、多額の資金を集めてレバレッジをかけられること、情報開示が不足していること、金融当局などが規制・介入できないことなどが問題点として挙げられる。
> 010年代になると、今度は中国の金融システムの問題として「シャドーバンキング」が世界的に再注目されるようになり、この場合の対象としては、信託会社・ファンド・貸金業者・質屋などが該当する。その中でも特に問題なのが、信託会社などが組成し、主に銀行の窓口で販売された「理財商品(高利回りの資産運用商品)」で集められた巨額の資金が、代替金融(場外融資)で主に地方政府の投資プロジェクト(不動産開発やインフラ整備等)に流れ、リスクが拡散していることである。仮に、その投資プロジェクトが行き詰った場合、誰が損失リスクを負うのかが曖昧になっており(幅広い関係者が損失リスクを負う可能性があり)、最悪の場合、金融システムを揺るがすこともありうる。

中国のシャドウバンキングの実態

シャドー・バンキング・システム
> 銀行ではない証券会社やヘッジファンドなどの金融機関が行う金融仲介業務のこと[1]。影の銀行とも呼ばれる。
> これ自体は合法的な物であるが、システミック・リスクの観点から、規制が行われている銀行業務に対し、もともとこれらは、投資の促進などの観点から金融当局による規制が甘いにもかかわらず、銀行と同様のシステミック・リスクを孕んでいることが問題点として挙げられる。このことから、本来預金保険の対象ではないこれらの金融機関に関しても、預金保険機関が介入して公的資金投入等を行い『金融システムの安定を図るための金融機関等の資産及び負債の秩序ある処理』(resolution)を行うための法整備[2]がリーマン・ショック以来行われるようになった。
> 2013年に入ってから中国では理財商品や信託[3]の形を取って集めた資金の影の銀行による貸し付けが不良債権化しており、経済問題として注目されている。


Profile
reent (@reentw)
都内在住エンジニア。
ニュース・お役立ち情報を発信中~

ご連絡はこちらまで。
reentgm@gmail.com

Ad
Top | Archive