re:entertainment - Post

Posts monthly 201507

都心(Wikipedia)
posted by reent on July 4, 2015
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%AF%E9%83%BD%E5%BF%83

> 東京では都心への業務集中によって「通勤地獄」とまで言われる通勤ラッシュが常態化してしまい、道路も渋滞が深刻化して経済損失が大きくなった。また地震や地盤強度の問題などから超高層ビルを建てづらく、都心部のみで中心業務地を賄えなかったため、東京都内に新たな業務指定地区を設定して「副都心」とした。さらに、バブル経済期には地価が暴騰したため、都内に「副々都心」、周辺県には「新都心」と呼ばれる業務指定地区を設け、中心業務地の分散を図った。
> 新都心
> 副都心以外でも、郊外に新規開発をして都心を形成したところや、都市の中心部を再開発して都心の機能を高めたところを新都心と称することがある。

> 関東地方において単に「都心」と言った場合は東京23区の中心部を示すことが大半であり、マスメディア報道などで横浜市・千葉市・さいたま市・川崎市の中心部のことを「都心(部)」と呼ぶことは皆無に近い[† 1][1]。特に、東京都の都心3区(千代田区・中央区・港区)に、大衆的な認知度の高い新宿区・渋谷区を加えた5区を指して都心と云うケースが多い。また、報道用語としては東京23区のことを「東京都心」と呼ぶこともある。

> 1958年(昭和33年)までは、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区を『都心6区』と呼んだ。 千代田区、中央区、港区を 『都心3区』[2][3]、さらに、新宿区と渋谷区を含めて『都心5区』[† 2]などと呼ぶケースもある。

> 都心への業務機能の分散の観点から、東京都が策定した副都心は7ヶ所存在する。
> 新宿副都心
> 池袋副都心
> 渋谷副都心
> 上野・浅草副都心
> 錦糸町・亀戸副都心
> 大崎副都心
> 臨海副都心

> 東京近郊の新都心(新副都心)として、以下の3ヶ所がある(北からの順で表記)。
> さいたま新都心(さいたま市)
> 幕張新都心(千葉市)
> 横浜みなとみらい21(横浜市)
Profile
reent (@reentw)
都内在住エンジニア。
ニュース・お役立ち情報を発信中~

ご連絡はこちらまで。
reentgm@gmail.com

Ad
Top | Archive