re:entertainment - Post

Posts Tagged with Amazon

C2C型ECビジネスについて
posted by reent on January 4, 2014
EC業界の勢力図が一変するかもしれない2
C2CとO2Oのお話。
http://origami.co/
http://www.iqon.jp/special/iphone/

EC業界の勢力図が一変するかもしれない2(番外編)
> 出店数が増える事によって生じる店舗間の競争はどうにもできない。故にショッピングモールの理想は、出店料タダの成果報酬モデル。トラフィックや売上に応じて課金するのが最もフェア

◆BASEとStores.jp
https://thebase.in/
んー。
https://stores.jp/
http://bracket.co.jp/

サイバーエージェント、ECショップ作成サービス「BASE」に2億円出資

投資事業本部 投資1号案件が決定 無料ネットショップサービス運営のBASE株式会社に出資

“藤田ファンド”第1号案件はネットショップ構築サービスのBASEに--約2億円を調達
> また、現在のBASE上の流通総額は非公開だが、1月から比較して9月時点で6倍に増加。現在も成長を続けており、「大規模な投資で今こそブーストする価値があると考えた」(鶴岡氏)という。BASEでは7月にサンエイトインベストメントから約5000万円の資金調達を実施したところだった。

BASEは家入さんとCAだけど、配分はわからない3。

スタートトゥデイ、ブラケット社の全株式を取得し完全子会社化
完全子会社化ですね。
「ZOZOTOWN」のスタートトゥデイが「Stores.jp」のブラケットを完全子会社化 — 時価総額は約6億5000万円
なるほど。そういうことか。

BASEとSTORES.jpの無料サービスの比較と評判。売れない売れないと嘆く運営者達
> 最後に、2013年10月8日にヤフーショッピングストアが初期費用・固定費・ロイヤリティーの完全無料化を発表しました。ヤフーショッピングストア無料化
> http://business.ec.yahoo.co.jp/shopping/
> システムの詳細はまだ発表されていませんが、現在のヤフーショッピングストアのシステムをある程度後継するなら、かなり使える無料カートになると考えます。
> また、別の機会に取り上げたいとおもいますが、希望としては広告以外は、なるべく有料化にはしてほしくないものです。
> ヤフージオシティーズとSTORES.jpとの提携もあるので、個人運営者には、STORES.jpの機能利用になるのかもしれませんね。

C2Cの決定版。BASEとStores.Jpを比較してみた。
> 『Baseは無料で使える、Stores.jpは有料じゃないと使いにくい。』

STORES.jpとBASEの実用的視点での徹底比較
> STORES.jpは有料会員にならないと商品数に制限がある。また、無料アカウントではアクセス解析&独自ドメインが使えないのがネック。
> BASEは基本的に無料だが、制限が今のところないのでかなり個人的にオススメだが、運営サポート(例えば倉庫を利用する場合)は基本的には課金制。

サービスの勝負になるんかなぁ。

新興のECは安全か?ーStores.jpとBASEにトラブル対策を聞く
> 数年前、北米にBlippyというサービスがあった。クレジットカードで購入したものを共有して新しい商品を発見しよう、というソーシャルサービスだ。瞬く間にユーザー数を伸ばし、1300万ドル近くの調達をして一気にスケールーー、というタイミングで彼らはユーザーのクレジットカード番号をオンライン上にバラまいてしまった。その後の顛末は検索すればすぐに見つかる。

鶴岡裕太と家入一真ーーBASEを生んだ学生起業家と連続起業家が眺める未来【インタビュー】

インタビュー 株式会社Bracket 光本勇介
目指すは「STORES.jp」の年内10万ストア、ブラケットの新オフィスにて代表光本勇介氏をインタビュー
【インタビュー】スタートトゥデイの前澤社長とM&A先の光本ブラケット社長を直撃!
続き...
amazon market place マーケットプレイス
posted by reent on December 23, 2013
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=1000157446

amazonアマゾンマーケットプレイスで個人出品をしている人が 少ないのはどうしてで
> ヤフーオークションに比べ、
> ・手数料が高い
> ・送料が一律しか支給されない
> 等の点がアマゾン出の出品が少ない理由かもしれません。

アマゾンでの出品は誰でも参加OK?
> マーケットプレイス参加規約
> http://amazon.jp/b?node=1085366に
> 「Amazonマーケットプレイスに出品される商品については、Amazon.co.jpが配送料(購入者負担の手数料を含む)(出品カテゴリー、重量により異なる場合があります)およびAmazon.co.jpの支払う配送の対価を決定します。」と記載があるように、
> 個人・大口出品者が販売・発送する商品の配送料
> (アマゾンの徴収するカテゴリー成約料含む)はアマゾンが定めます。

[ヤフオク]AmazonマーケットプレイスとYahooオークション、出品するなら・・・・・・[アマゾンマケプレ] [よくある質問]<出品・販売者向け>
> amazonマーケットプレイス(以下マケプレ)は
> ヤフーオークション(以下ヤフオク)と異なり、
> 出品価格は基本的に出品者が自由に設定でき、出品中自由に改定できます。
> (新品CD新譜などは出品価格に制約あり)
> ・金銭はamazonペイメントを利用することになるので、
> 購入者に口座情報などを知られずにすみ、
> かつ購入者による不払いの心配や取引に関する連絡が要らないこと。
> ・注文確定すると購入者の情報がamazonから示され、
> 購入者に連絡する手間が省けること。
> ただし、
> ・注文確定から2営業日以内に発送することが求められること
> (コメント欄に明記してあれば、発送日数を繰り下げることも一応可能)
> http://amazon.jp/b?node=3245821
> ・一定期間、購入者都合返品が可能であること
> http://amazon.jp/b?node=3245851#cancelation
> などに注意が必要と思います。
> そのほか、購入者にとって支払方法の選択肢が限られることや、
> 出品時にクレジットカードが必要となる点、
> 個人出品の登録は無料だが注文確定時の手数料が高い点には注意が必要です。

続き...
Amazon AWS re:Invent 2013
posted by reent on November 16, 2013
AWS Elastic Beanstalkにローリングアップデート機能が登場
> 一定規模以上のWebアプリケーションでは、複数のサーバをクラスタ化して処理を行うことが一般に行われています。このサーバ上のアプリケーションをアップデートする際に、クラスタを停止させず、一部のサーバから順にアップデートしていくことでシステムを稼働しつづけながらアップデートを行うことを、一般にローリングアップデートと呼びます。
> Amazonクラウドはこのローリングアップデート機能を、AWS Elastic Beanstalkに追加したと発表しました。
AWS Elastic Beanstalk
> AWS Elastic Beanstalk は、AWS クラウドのアプリケーションを迅速にデプロイし管理できるより簡単な方法です。お客様は単にそのアプリケーションをアップロードするだけで、Elastic Beanstalk が自動的に容量のプロビジョニング、負荷分散、Auto Scaling、およびアプリケーション状態モニタリングといったデプロイの詳細を処理します。同時に Elastic Beanstalk では、お客様のアプリケーションを稼動している AWS リソースの完全なコントロールを維持でき、いつでも基本的なリソースにアクセスすることができます。

Amazonクラウド、セキュリティを確保するためのAPIロギング「AWS CloudTrail」、デスクトップ仮想化「Amazon WorkSpaces」、モバイル向けストリーミング「Amazon AppStream」を相次いで発表。re:Invent 2013
[速報]Amazonクラウド、データベースを地理分散する「Amazon RDS Cross-Region Read Replicas」「Redshift Snapshot Copy」発表。ディザスタリカバリを容易に。AWS re:Invent 2013
[速報]Amazonクラウド、“野獣のような”ランダムI/O性能を備えた「I2インスタンス」と、最高性能となる「C3インスタンス」発表。AWS re:Invent 2013

続き...
Amazon 認証の件
posted by reent on October 14, 2013
Amazon Product Advertising API で 評価・レビューを取得できない?
posted by reent on October 14, 2013
Profile
reent (@reentw)
都内在住エンジニア。
ニュース・お役立ち情報を発信中~

ご連絡はこちらまで。
reentgm@gmail.com

Ad
Top | Archive