re:entertainment - Post

Posts Tagged with DJ

teed now. (Totally Enormous Extinct Dinosaurs)
posted by reent on November 18, 2013
控え目に言ってみても、TEEDは今私が最も注目して敬愛しているアーティストだ。

独特のDJライブ、奇妙だがコンセプチュアルな衣装・パフォーマンス、そしてどこか懐かしさを覚えつつもエレクトロをベースにしたすばらしい楽曲。

Garden


Moon Hits The Mirrorball


Denial (Totally Enormous Extinct Dinosaurs - Microceratops Remix)



・Waulking Song



・Household Goods



◆Live



続き...
テイ・トウワ(TOWA TEI)
posted by reent on November 17, 2013
テイ・トウワ先生というと、やはりFREEが印象的。
FREE
※http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%AF

YouTubeでとっても刺激的なPlayを見つけたので、ここに。





続き...
django(/python) free hosting
posted by reent on October 14, 2013
そんなものは、GAE(Google App Engine)使えばいいといえば、それで終わってしまいますが。
RedBlue WebServer
個人?
Free Python hosting
> Only free (for 10 MB) one listed there: http://www.alwaysdata.com
alwaysdata
何語だろう。

やはり、そんなにはないです。

◆pythonだけならもうちょっとあるかな?
Free Web Hosting
X10Hosting, Jumpline(3-months free trial), HostCell, Vlexo.
DBはどんな感じだろうか。
Free Python and Zope Hosting Directory


Java開発者の読むDjangoの設計思想
posted by reent on October 14, 2013
http://d.hatena.ne.jp/shuji_w6e/20090514/1242227504

・・・
> 例えば、黒魔術の代表格Railsでは、モデルに属性名を記述することすら省略することができます。結果としてコード量は減りますが、フィールド名を忘れた時にはDBスキーマやテーブル定義を参照する必要があります*1。これは便利な反面、なにやら危ない橋を渡っているようで受け入れられないJava開発者はいるでしょう
・・・
> JSPでもなにもかもビューに押し込んで記述していた時期もありましたが、行き着いた場所はテンプレートの分離だったわけです。ちょっとした規模であればPHPで全部ビューに押し込めるのもありかと思います。PHPはむしろそのような状況の方が向いていると思います。適度に分離するならばしっかりとした基盤の組める言語であるべきですが、Pythonはそれを充分に提供しています。

Excellent!
DJ
posted by reent on October 14, 2013
Interview : Nick Lawrence
> 今と7~8年前じゃ状況が少し違うと思うんだ。昔はプロデュースしなくても DJ だけで有名になれたからね。これから世界を飛び回るような DJ になりたいなら、楽曲を作ることがすごく重要だと思う。自分のレコードがプレイされれば名前も広まるし、周りもさらに手厚くサポートしてくれるしね。
Interview Jeff Milligan
> ─今あなたは東欧のスロバキアの首都ブラチスラバに住んでいますね。我々には馴染みがない場所なんですが、どうしてまたスロバキアなんですか?
>
> どうしてかってよく聞かれるね。ブラチスラバに住んでることが、よほど変わってると思われてるんだろう。それはホントだね。現に欧米の先進国出身で旧共産圏に住んでる人は僕も自分以外周りにいないし。理由はたくさんあるんだけど、初めのきっかけは友達が居ることだったね。それに世界中を飛び回る生活をしているから、常に「家なき子」状態。どこに住んでても家を空けてることがほとんどで、家賃がもったいないから物価の安いところに住むべきだと思った。その点、スロバキアは物価も家賃も安くて経済的。国際線の飛行機はウィーンから乗るんだけど、ウィーンまで1時間ほどで行けるから便利だし、地元のブラチスラバの空港もヨーロッパの主要都市への路線が充実してて、ロンドンやパリにもすぐに飛べる。家から空港は5分で行けるんだ!だからツアースケジュールを管理しやすくなったね。利便性は最高だよ。
>
> もう1つの理由は、不思議に思われるかもしれないんだけど、スロバキアには音楽カルチャーが全然ないから。僕は週末はだいたいパリ、ベルリン、ウィーンなど、賑やかで音楽が盛んな場所で仕事をしているから、それ以外の時間は静かに暮らしたいと思ってるんだ。音楽を作るためには、そこらじゅうに音楽が溢れすぎてない場所がいいし、自分の集中力を妨害するものがないほうがいい。雑音がないほうが自由に音楽が書けるってことかな。ブラチスラバの僕の友達は、僕がやってることにもあまり関心がないし、音楽とは関係ない仕事をしてる。そのほうが違う観点から物事を見ることができるんだ。それに僕は前から東欧に興味があった。共産主義が崩壊したあと、どうなっていくのか、後進国だったのが急成長を遂げていく様、アートやカルチャーが発展してゆくところを目の当たりにできるっていうのは、すごくおもしろいんだ。それはダイナミックで、新鮮で……、僕もその一部になれたらいいなと思ってるよ。西ヨーロッパの人たちは東側の国に対して偏見を持ってることがあるんだけど、僕はそれを変えたいね。東側のカルチャーシーンの成長を助けたいし、リードしていきたいと思ってるよ。


Profile
reent (@reentw)
都内在住エンジニア。
ニュース・お役立ち情報を発信中~

ご連絡はこちらまで。
reentgm@gmail.com

Ad
Top | Archive