ブロック経済
ブロック経済
posted by reent on January 5, 2014
ブロック経済とアメリカ
> アメリカはブロック経済を敷いていないですよ。
> アメリカはブロック経済でなく、ニューディール政策をしきました
> ニューディール政策とは、工業を国が積極的に行い雇用を安定させるというものです。
> ちなみに、ブロック経済をしたのは、ヨーロッパの国です。

国際経済
>  第2次世界大戦の原因はいくつもあげられるが,経済的な原因としては,次のことが挙げられる。世界大恐慌後に,各国が閉鎖的なブロック経済を形成して自国グループが生き残ろうとしたために,貿易が縮小したことである。ブロック経済とは,同一通貨圏(たとえばイギリスのポンドブロック,アメリカのドルブロックなど)でブロック経済圏を形成して,ブロック内の貿易に置いては関税を撤廃する一方,ブロック外との貿易には高率の関税を課して,外国からの商品流入を阻止したやり方である。また各国は,自国通貨の切り下げにより,輸出に有利な状況をつくろうとした。ブロック経済は,ブロック間の対立と,世界経済の縮小をもたらし,それが戦争の一因となった。
> GATT(貿易と関税に関する一般協定)
>  1947年に結ばれた。,「自由・多角・無差別の原則で,貿易を拡大する」ことをめざす
> 自由とは・・関税引き下げ,非関税障壁(数量制限,煩雑な手続き,輸入課徴金など)の撤廃。
> 多角とは・・二国間でなく,多国間の交渉によって貿易の問題を解決しようとすること。これをラウンド交渉という。ラウンドとは,丸いテーブルを指す。二国間では,強いほうの国に有利な形で決定されるおそれがあるので,「日本と米国とEUと発展途上国」と言う具合に,多くの国々が参加して公平な解決をめざす。ラウンド交渉には,ケネディ・ラウンド,東京ラウンド,ウルグアイ・ラウンドがある。
> 無差別とは・・ある国に与えた有利な待遇)関税を下げるなど)は,他のすべての国にも適用されるという最恵国待遇をいう。例外は,発展途上国からの輸入品は関税率を下げるなどがある。これは発展途上国を保護するためである。
> GATTからWTOへ

関税及び貿易に関する一般協定
GATT。

第二次世界大戦前のブロック経済について。
通貨の問題が大きかったように思える。

EUや北米自由協定は、昔のブロック経済と同じですか。
> 似て非なるものですね。
> 1930年代のブロック経済(スターリング・ブロックやフラン・ブロックなど)は、事実上他のブロックと隔絶された形で成立していました。
> それに対して、現在のEUやNAFTA(特にEU)は開かれた形でのブロック経済です。決して排他的な性格のものではありません。
> その意味では、現在のブロックの方が発展的なものであると言えますね。もちろん、WTOの理念とは相容れないものではありますが。





TPP
環太平洋戦略的経済連携協定。

ブロック経済ってなに? TPPと関係あるの?
わかりやすい。

TPPは「ブロック経済」か

世界の新しい形が見えてきた・・・TPPとは経済圏では無い
> 一方、「米英中心主義派」は米中関係を良好に保ち、
> 中国を米英の影響下に置く政策を取っていると田中氏は見ています。
>
> この考え方の根底には、地政学的なランドパラーとシーパワーの対立があります。
> アメリカはイギリス、日本(韓国)などと共にシーパワーの国で、
> 大陸勢力の海洋進出を阻んでいるという考え方です。
>
> 覇権国の対立構造を用いて世界を安定さえる政策は
> ロスチャイルドの得意とする戦略です。
> 冷戦構造はランドパワーの大国である
> 中国とロシアを大陸に封じ込める政策でした。
> TPPをオバマ政権が推進する事で、
> 世界の新たな形が見え初めてきました。
> 日本はどうやら、中国とは袂を分かって、
> アメリカを含む環太平洋シーパワーに組み込まれる様です。
> これはロスチャイルドらしい戦略とも言えます。
> アメリカを日本を始めとする諸国で支えながら、
> ロシア、中国、インドと対峙させる戦略です。
> 東西冷戦に似た構図ですが、
> 今回は主役が沢山居る分、アメリカの影響力は弱まります。
> アメリカは中東、アフリカの利権をヨーロッパに譲り、
> 環太平洋経済圏の盟主へとその役割を縮小します。
鋭い。資本主義のプレッシャーなんだな。
ゴールドマンサックス
参考

mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連エントリー:

back | top | next

Leave a Comment

Fields with * are required.

本当はスパムですか?
はいいいえすぱむ

Profile
reent (@reentw)
都内在住エンジニア。
ニュース・お役立ち情報を発信中~

ご連絡はこちらまで。
reentgm@gmail.com

Ad
Top | Archive